校長挨拶

御挨拶

 

 北海道函館高等支援学校のホームページを御覧いただきまして、ありがとうございます。

 本校は、平成31年4月1日、北海道函館稜北高等学校と校舎を共有する高等支援学校として開校しました。令和2年度は開校2年目となりますが、「普通科」「生産技術科」「食品デザイン科」「福祉デザイン科」の4学科へ計54名(1学年26名、2学年28名)の生徒が在学しております。

 

 本校は教育理念に「自己と社会をつなぎ、共生社会を創造する教育の追求」、教育目標に「共生社会の一員として、自ら社会に貢献する人間の育成」を掲げ、校訓を「探究」「協働」「健全」として知徳体の調和のとれた人間形成を目指しています。

 

 また、教育活動の特色として、「① 社会貢献活動と生涯学習の基盤づくり」では、「函館マラソン」に全校生徒がボランティアとして参加します。積極的に社会参加・貢献する取り組みを通して、豊かなスポーツライフの実現や生涯学習の基盤をつくります。

 「② 教科横断的な学習の充実」では、「主権者教育」「防災・安全教育」「ICT教育」「消費者教育」「新聞教育」「ボランティア活動」などを、主体的・対話的で深い学びの実現を通して、豊かな生きる力を育みます。

 「③ 地域とつながる場『カフェ』の運営」では、カフェを地域と学校をつなぐ「開かれた場・つながる場」の一つとして活用します。普通科、職業学科共にカフェの企画や運営に携わり、学校が一体となって取り組みます。令和2年度は、いよいよカフェのグランドオープンとなります。ぜひ、たくさんの方々に御来店をいただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 

 私は、理想の学校は「学びの共同体」として、生徒も教師も保護者の方や地域の方も、互いに学び合う学校であると考えます。本校にかかわる全ての方々が、学び成長し合う学校でありたいと願います。本校が地域のコミュニティの拠点として愛されるように、生徒と教師共々が力を合わせて新しい学校づくりに邁進いたしまので、お近くに来られた際にはお気軽に御来校ください。心より歓迎いたします。

 

 結びになりますが、今後も本ホームページでは、本校の教育活動について随時紹介をいたします。ぜひ、アクセスをしていただき、本校の教育活動への御理解と御協力をいただきますことをお願いいたします。

 

令  和  2  年  4  月                                           

北海道函館高等支援学校長 立 田 俊 治